三菱地所プロパティマネジメント株式会社

Global Site

English

採用情報 - Recruit

採用情報

キャリア採用

採用担当者からのメッセージ

「街づくりに貢献できるスケールの大きなやりがいを、みなさんにもぜひ味わっていただきたい。」三菱地所プロパティマネジメント株式会社 - 技術部長 宮 祥二

当社における「建築技術系総合職」業務について

プロパティマネジメント=ビルの運営管理とは「営業」「営繕」「保守」が三位一体となってお客様(ビルオーナー様やテナント様等)のご要望にお応えする仕事です。そのなかで、今回みなさんにお願いしたいのは「営繕」です。営繕はビルに新しいテナント様が入居される際や、フロアのレイアウトを変更される際の「工事」を請け負います。又担当ビルの中長期的な修繕、更新計画を立案実行するのも重要な役割です。一方、工事完了後の日々のメンテナンスを担うのが保守と考えていただければわかりやすいかもしれません。さらに、営繕のなかでも「建築系」「電気系」「機械系」の3つの職能が存在し、各分野に精通した技術者が専門的な知識・スキルを武器に活躍しています。みなさんの採用後も、出来る限りこれまでのキャリアを活かせるよう配慮したいと思います。

仕事の醍醐味・やりがいについて

「総合職」という名の通り、当社の建築技術系総合職にはさまざまなスキルと知識が求められます。そのなかでもとくに重要なのがコミュニケーション能力です。たとえばテナント様がビルに入居する場合、工事に関わる協力会社は5〜6社におよびます。建築技術系総合職の仕事は、その協力会社を取りまとめ工事が円滑に進むよう全体をマネジメントすること。現場での仕事は人と人とのかかわりのなかで進みますので、コミュニケーション能力は何より重要なのです。お客様や協力会社からの信頼を得なければいけないという意味では「人間力」とも言い換えられます。また、建築技術系総合職はお客様と直接やり取りをする立場上、ご要望を敏感に察知する「気づき力」も求められます。そして、自らの気づきから生まれた提案がお客様の満足へとつながり、喜びの声をいただいたときの達成感は何物にも代え難いものです。また、三菱地所グループならではの魅力といえるのが、丸の内や横浜といった街づくりに貢献できること。このスケールの大きなやりがいを、みなさんにもぜひ味わいっていただきたいと思います。

当社の求める人物像

お客様目線で常に先を読みながら現場を調整する建築技術系総合職は経験がものをいう仕事ですので、最初は失敗もするかもしれません。そこで簡単に折れない、精神的にも肉体的にも技量的にもタフな方が理想です。現在、当社の業務エリアは丸ビルをはじめとする超高層ビルが大規模リニューアルの時期に差し掛かっています。さらに、業務拡大を見据え新たなエリアへの進出も検討中です。この先も活躍の場が途絶えることはありませんので、じっくりと腰を据えて働く覚悟のある方と出会えたら幸いです。