三菱地所プロパティマネジメント株式会社

Global Site

English

採用情報 - Recruit

採用情報

キャリア採用

転職者インタビュー

有楽町営業管理部 - 林 純平 - 2015年入社「日々キャリアアップしていく自分を、肌で感じることができる職場です。」

Question 01転職のきっかけと当社を選んだ理由

以前の職場では、空調衛生設備工事の施工管理に携っていました。転職を考えたきっかけは、さまざまなお客様、さまざまな建物を経験することが今後のキャリアアップにつながると考えたからです。前職ではひとつの案件が3年にもおよぶことがあり、次々と新しい経験を積むということが難しい環境でした。そこで、ビルの運営管理会社ならばたくさんの案件に携れるのではないかと。結果的に3社と面接をしたのですが、当社採用担当の方といちばん話が弾み「ここなら自分が今まで培ってきものを活かせる!」と確信し入社を決意しました。実際はここでもひとつのビルを長く担当することがあるものの、ビルには数多くのテナント様が入居されており、テナント様ごとに工事の内容もさまざま。当初の希望通り、たくさんの経験を積ませてもらっています。

Question 02現在の業務内容と仕事の醍醐味

現在は有楽町エリアの国際ビル、新国際ビル、新日石ビルの営繕工事を担当しています。仕事の内容はテナント様の入退去にともなう工事の設計、見積書作成、作業計画の精査、作業届の承認、工程進捗の確認、安全パトロールの実施、完成検査など多岐にわたり、トレーナーの方のサポートのもと1日も早く自立できるよう取り組んでいるところです。前職と比較すると、いちばんの違いは「工事全体を取りまとめなければいけない」ということ。以前は施工管理の立場で空調の施工だけにフォーカスしていればよかったのですが、現在はかつての自分の一段上の立場で工事全体を考え、そして物事を決めていかなければいけません。専門外の知識も求められますので大変な面もありますが、迅速な決断と対応により滞りなくプロジェクトが進んでいることを実感できた瞬間、大きなやりがいを感じることができます。また、運営管理会社の営繕工事担当として、お客様と直接お話しする機会が増えたことも大きく変わった点です。そこで気づかされたのは、言葉の選び方に気をつけなければいけないということ。施工会社の技術者と話すときに使うような専門用語はお客様に伝わらないことが多いので、一般的に浸透している言葉を選びながら、どう表現すれば理解しやすいかを常に心がけるようにしています。このように工事全体を取りまとめ、お客様と直接折衝する経験を重ねるなかで、毎日がキャリアアップにつながっていることを肌で感じています。

Question 03入社して気づいたこと・良かったこと

ひとつは、諸先輩方の面倒見がとてもいいということです。少しでも早く営繕担当としての知識が身につくよう、オフィスのなかでも「周りがどんな話をしているか聞いておくように」とアドバイスしてくださったり、ことあるごとに声をかけていただいています。そんな“おせっかいを大事にしよう”という環境が、とても心地よく感じます。また、自分のプライベートな時間を多く取れるようになったのもうれしいポイントとなっています。記念日休暇などの休みもあり、子供との時間をたくさん持てるようになりました。ワークライフバランスの面でも、以前に比べて大きく改善されています。

Question 04転職を考えている方へのメッセージ

当社の魅力は、三菱地所グループの一員として丸の内、有楽町、大手町といったエリア全体に貢献できることです。また、三菱地所グループだからこそ協力会社も大手ゼネコンなどレベルが高く、そういう方々と仕事をするなかで自分自身のレベルアップを図ることができます。毎日がキャリアアップにつながる環境ですので、向上心のある人には魅力的な会社だと思います。