従業員用の防災備蓄品、
お悩みではないですか?

大規模災害発生時の帰宅困難者対策として、事業者には、従業員が3日間程度を事務所内にて待機するための備蓄が求められております。これに対し、各社の総務部門をはじめとするご担当者様におかれましては、様々なご対応をされていらっしゃるかと思いますが、「備蓄品の手配が手間だなあ・・・」「期限管理が煩雑だ・・・」「期限切れの処分が面倒だ・・・」「保管場所が足りない・・・」等々。そのようなお悩みはございませんでしょうか?そちらにつきまして、三菱地所プロパティマネジメントが解決のお手伝いをさせていただきます!

4つのサービスをご提案

❶備蓄品手配
2種類の「基本パッケージ」と、多彩な「オプションセット」というかたちで、お客様がご選択しやすいようなプランにてご提案します。また、これに限らず、お客様のご要望に応じて柔軟に対応します。
❷期限管理
防災備蓄品の期限管理を、専用システムを活用して、当社にて一括して請け負います。貴社は、当社からの期限通知と寄付・補充提案を待つのみです。
❸寄付
優先的に寄付ができるよう調整させていただき、貴社のCSR・SDGs活動に貢献します。
❹保管場所
ご入居ビルの空き倉庫を活用し、備蓄品の物量に応じて適切な「保管スペース」をご提供します。(空き倉庫の状況や物量によりご提供できない場合がございます。予めご了承ください。)

One Point Comment

三菱地所プロパティマネジメント株式会社
サービスソリューション推進部

防災備蓄品の業務は、シンプルですが意外と煩雑ではないでしょうか。ぜひ一度お話させていただきたく、お気軽にお問合せください。CSR・SDGs活動への貢献まで考えていることや、保管場所の提供までできることが、当社の強みだと思っております!

「入居の窓口」のお問い合わせはこちら